忍者ブログ
Profile
HN:gp-hss

職業:高校生

趣味:3DCG

言語:C全般

環境:VC++ 2008 EE

3DCG:Softimage Mod Tool

自己紹介:
ゲームプログラマー目指して勉強している者です。
現在 C++ 修得にむけて頑張っています。

Began study since 2009/8/21

Latest CM
[06/28 soulmorning]
Latest TB
(02/25)
27  26  25  24  23  22  21  20  19  18  17 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : gp-hss ×

characters(.h)
ability(.h)
Hero_Status_Info(.txt)
Enemy_Status_Info(.txt)
Ability_Status_Info(.txt)


とりあえず、新年明けましておめでとう。
今年のガキ使はまぁまぁおもしろかったな。
でも新たな仕掛けが出てきて良かったと思う。
拳銃なんかはそうなるんだろうなとわかっていたけど笑ってしまった。
僕はけっこうメンバー同士で笑いを仕掛けているところが好きなんだ。
あとは笑いを我慢しまいと硬直している姿なんかが。
それにしても何なんだろうあの田中の引き出しを開けるときの顔は。
おかしくてたまらない。
ダービーのときの浜田を選んだときの理由が「気持ち悪いから」には思わず吹いたなぁ。
今年も笑いをくれてありがとう。


そんなわけで本題ですが、前回の記事にもこんなものを作ろうとしていると書いたのですが、ちょっと本格的に始動しました。
まずは、主人公や敵などのキャラクターの情報をどのようにまとめて、どのように取得しようかと考え、結局構造体を使うことにしました。
構造体はヘッダーに書いて、ソースファイルからインクルードすることで引き出せるようにしています。
そしてまた別のファイルにメンバの値などの情報を書いて、 fscanf などを利用しそれを取得しようと考えております。
値などは簡単に読み取れますが、名前は他にも文字があるので読み取りづらいです。
ですのでランダムアクセスを可能にする fseek などを利用して名前などの文字を取得します。
そしてこのように別のファイルに値などの情報を記憶させておくことでデータのセーブ・ロードを可能にしたいなと考えています。
ちなみに今回は記憶ファイルにテキストファイルを利用しているのだが普通市販されているようなゲームではどんな風にしているのでしょうね。

結構本格的ですが、所詮コマンドプロンプト上で実行していくのでグラフィックなどには期待しないでください。
あくまでもプログラムの質が重要だと思っているので。
ちなみに今一番どうしようかなぁと考えているのはマップやダンジョンの壁の表示をどのようにしようかなということ。
描画できる範囲は決まっているし、その範囲内の小さいダンジョンマップなんて作る気はないのでけっこう悩んでいるのだ。
イメージ的にはマップの全体像なんかがあって、範囲内に入っている部分のみ描画させるという風にしたいなと考えているのだが、大丈夫だろうか。
まぁやってみるより他ないですよね(笑)

ちなみに戦闘へは敵と接触することで移行するようにしたいと思っています。
接触したら例の継ぎ目アニメーションを流してやりたいな。
あと、主人公が敵の目視できるようなエリア(半径 3 ぐらい?)に入ったら、敵は主人公を追いかけるようにします。
エリアを抜ければ追いかけてきません。
エリアは形てきにはがくがくの円になるか、もしめんどくさいようならば正方形にでもしようと考えています。
初めての本格的ダンジョンゲームですので十分です。


自分の記事を自分で読んで思うのだが本当に僕って文章作成能力が欠けているよなぁ・・・。

拍手[0回]

PR
author : gp-hss ×

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin