忍者ブログ
Profile
HN:gp-hss

職業:高校生

趣味:3DCG

言語:C全般

環境:VC++ 2008 EE

3DCG:Softimage Mod Tool

自己紹介:
ゲームプログラマー目指して勉強している者です。
現在 C++ 修得にむけて頑張っています。

Began study since 2009/8/21

Latest CM
[06/28 soulmorning]
Latest TB
(02/25)
47  46  45  44  43  42  41  40  39  38  37 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : gp-hss ×

RPG(.zip)

今回は敵の配置と戦闘プログラムとの連結を実現しました。
現在のところは2つのブロックにしか敵は配置していませんが、完成版ではバランスをみながらじゃんじゃん配置していきたいと思っています。

あとはミニマップを追加し、オープニング画面をつくったりその他諸々だけです。
これらはそこまで時間をくわずにつくれると思いますので、あとはマップをどんどんつくっていくだけです。
なんとかで 21 日までには完成できるかな。

ちなみになんで 21 日までなのかといいますと、じつは C を勉強し始めてちょうど半年目なのです。
半年目までにはなにかしら作ってみたいなと思っていたので、間に合いそうでホッとしてます。
(過去の記事では 15 日などといってしまってますが、実際には 21 日までだったんでたぶん間に合いますよね。まぁ 15 日まででもギリで間に合いそうだけど・・・。)

敵の配置などの情報については、専用の配列を使ってブロック毎にデータを読み込み、指定された座標へ配置します。
そして、予め作っておいた MoveEnemy() 関数をつかって敵を動かしています。
ちなみに過去に公開したものとは若干引数だとか関数本体だとかを修正しています。
あと敵が若干障害物を消したりしてますが、どうにも気が荒く猪突猛進的な敵なんで壊してしまうんですよね~。
なんていう環境破壊効果という口実のもとそのままにしてますが、完成版ではちゃんとしますよ。
(たぶん、敵の動きをコントロールしてるあの関数が・・・)

そして敵と主人公が衝突したならば戦闘に入ります。
BattleMain() 関数には、敵の種類と敵の数を渡しています。
勝ったら敵をマップから消します。
その敵に関する情報も削除するのでその情報を詰めてあった部分が空いてしまいますので、情報を格納している配列を消した情報があったところから前方へ詰めます。

今のところは負けても勝っても主人公は死にませんし、逆に敵が消えてなくなります。
逃げても同様の結果となるでしょう。
しかもブロックを移動してまた戻ったら即復活しています。
もちろん完成版ではちゃんとしますので悪しからず。
(こういうのがその他諸々のひとつの要素なわけですね。)

まぁ今回は単純に敵の配置とかしただけなのでたいしたことはありませんでしたが、プログラムが大きくなってくるとひとつ修正するのも大変ですね。
それを修正したことによって連鎖的にたくさんのものを修正しないといけなくなってしまうんです。
まぁそんなことに陥りやすいコーディングをする僕がいけないのですが。
とほほ・・・。

ということでまた今度です。


あっ、ちなみに記事の本文は一応誤字・脱字がないよう気をつけてはいますが、もしそういうのがありましたらあなたの推理力でどうにかしてください。
無責任極まりないですがご勘弁を。

拍手[0回]

PR
author : gp-hss ×

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin