忍者ブログ
Profile
HN:gp-hss

職業:高校生

趣味:3DCG

言語:C全般

環境:VC++ 2008 EE

3DCG:Softimage Mod Tool

自己紹介:
ゲームプログラマー目指して勉強している者です。
現在 C++ 修得にむけて頑張っています。

Began study since 2009/8/21

Latest CM
[06/28 soulmorning]
Latest TB
(02/25)
22  21  20  19  18  17  16  15  14  13  12 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

author : gp-hss ×

rand_val_info(.txt)
rand_test(.exe)
rand_val(.zip)
.txt ファイルを .exe ファイルと同じディレクトリ内に置いてください。
zip はそれらをまとめたものです。
または、 txt ファイルへのリンクをクリックしたあと、実行ファイルを実行してください。


今回は Part.1 でつくったプログラムに加工を加えて、精度を高くしたり範囲を指定できるようにしています。
たとえば、Part.1 の test.exe では小数点第2位から2桁だけ数値を取っていましたが、今回のプログラムではあるアルゴリズムに沿って、ある位から少なくとも6桁以上の数値を取ってきています。
ある位とは、少なくとも小数点第2位以下です。
あとは、取ってきた数値を指定どおりに成形していきます。

まぁこの成形処理はものすごく簡単です。
範囲の終わり値に + 1 したものと取ってきた数値とを割った余りを求めるだけです。
ただし、これは範囲の始め値が 0 の場合のみのことですね。
そこで、まず始め値が 0 でない場合はその始め値で終わり値を引きます。
あとは始め値分引かれた終わり値 + 1 で割った余りを求め、最後に始め値の値を足します。

ただし、ここに関わってくるのが強化した精度の制約です。
この精度の制約をクリアしないと求めた値は乱数として認められず、もう一度乱数を作らせます。
実は精度を高くするために txt ファイルがいるのです。
まぁ無くてもそこまでかわらないのですが、ないよりあったほうがマシなのです。

ちなみにこのプログラムに似たようなものは Part.1 の内容と自分で調べてみる探究心があればつくれるはずです。
ぜひがんばってつくってみてください。

拍手[0回]

PR
author : gp-hss ×

COMMENT

ADD YOUR COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS

TRACKBACK

TRACKBACK URL
忍者ブログ | [PR]
 | PAGE TOP
write | reply | admin